FC2ブログ



TOP > ARCHIVE - 2011/04




一時帰宅で救出を 
今日の枝野官房長官の話では、一時帰宅がGW明けから

開始されます。

残された動物たちを救出するチャンスを逃してはなりません。

犬猫救済の輪さんからの転載です。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
このチャンスをのがさない! 一時帰宅、連休中にも開始!

警戒区域に残された動物脱出のために車両、

ヘリの出動を要請して下さい!

テレビ報道では一部市町村で早ければ連休中にも
一時帰宅を始めるとのことです。
今のところ、動物連れ帰り用の車両が出るかどうかは未定です。
このチャンスを逃すことがないよう ありとあらゆる所に、
動物救出用車両を出すよう要望しましょう。

みのもんた『朝スバ』を見た支援者の方からお知らせいただきました。

新潟地震の時は山古志村全ての家畜を
ヘリ400回飛ばして移動させました。
チェルノブイリ原発事故では多くの牛や豚を
車両で移動させたそうです。
今までにもできたはずとみのさんが非難していました。
家畜の移動先としては北海道の休牧地が
たくさんあると言っていました。

現政権はなぜできないのか、過去の例からもできるはずです。
命ある動物を救済するのは当たり前のことです。

首相官邸、環境省、農林水産省、原子力安全保安院、
各自治体、市町村 議員、自衛隊 災害時救援動物本部等
考えられるところに訴えて下さい。

一時帰宅後は自衛隊以外の人間の立ち入りは
できなくなると聞いています。

今できることを。

嘆願例文です。ご自由にお使いください。

警戒区域への住民一時帰宅時にペット等動物を
保護し圏外へ救出できるよう、車両を出して下さるよう
お願いいたします。
家畜も積極的に受け入れ場所を探し移動して下さい。
やむを得ぬ家畜の殺処分は『安楽死措置』として下さい。

嘆願先

首相官邸
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

ここから各省庁へメールが送れます。
https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose

環境省
https://www.env.go.jp/moemail/

農林水産省
https://www.contact.maff.go.jp/voice/sogo.html

防衛省・自衛隊
https://sec.mod.go.jp/mod/goikenshinsei/goikenbako/index.html

福島県
chijikoushitsu@pref.fukushima.jp

--------------------------------------------

藤野真紀子元議員オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/makiko-fujino/

------------------------------------------

サンロードさんは、mixiにおいて、
以下の書き込みで情報拡散をお願いしています。

各県自治体が被災者受け入れを開始したが、
ペット連れでの避難が出来ず、バスにも乗れない。
泣く泣く犬や猫を置いて来る人達が増えているとの事。
(市営住宅や県営住宅・ホテル等は受け入れ禁止となっている為)

中には、犬のリードを外し一旦避難をしたが、
どうしても諦めきれず、
泣きながら徒歩で引き返し置いてきた犬を探したが
見つからなかったという人も・・

人命も大切です。
でも、家庭犬で育った犬や猫が一人で生きていけるでしょうか?
被災に遭われ、心に傷を持った人達から愛するペットを引き離す事が、
どんなに苦しい事か・・・

大きな避難所には自衛隊や愛護団体・ボランティアの方々が
行ってくれています。
しかし、小さな避難所には救援物資も届いていない状態。
わんこを置いて避難できない人は、壊れた家で寒さに震えながら、
わずかな食料で命を繋いでいます。
わんこも茹でていないパスタをかじっているとの事。
三日も四日もご飯を食べていない人も動物も・・・

私たちは決断しました。
無料で被災者を受け入れる事を!

一家族でも多く救いたい!!
一匹でも多く家族の側で暮らさせてやりたい。

伊東市も救出・移動手段など検討会議して下さってます。
わんこを手放すこと最後まで諦めないで下さい。

ペット宿を営んできて11年。
これからが私達の恩返しかもしれません。

伊豆高原(静岡県) プチホテルサンロード 
大川 愛子(ポチ母)緊急ですので実名を入れて戴いて結構です。
http://www.mmjp.or.jp/echobridal/sunroad.htm


----------------------------------------

警戒区域にペットを残してきた飼い主さん、地域のみなさんへ!
今、あなたにできることがあります。
20キロ圏内から脱出してきた犬猫を助けて!


昨日4/24福島県に個人で出向かれた人の情報で、
原発20~30km圏に、以前20km圏内で見かけた犬が
複数目撃されたとのこと!
20km圏内に入れないからと諦めず、
20km圏外周辺での保護活動の必要性があるとのことでした。

20キロ圏内から自力で脱出してきている犬猫がいます。
目撃保護地点は南相馬市北原近くの駅の駅裏より少し北をはじめ
封鎖線の外周にけっこうの数の犬猫がいるようです。

20キロ圏内に犬猫等を置いて避難している飼い主さん!
地域の皆さん!
この子たちを助けるため今すぐ次のこと実行してください。

1)飼い主さんはの20キロ封鎖線近くへ行き、
  飼い犬、猫の名前を呼んでみてください。
2)警察官に飼い犬猫の写真や特徴を託して、
  見かけたら保護してもらって下さい。
3)ご自分の犬猫ではなくても、徘徊していたら、
  できる限り保護や配食をお願いします。
4)保護した後、避難所に連れていけない場合は
  保健所に預けるか愛護団体、市町村に相談してください。
  保護さえすればどうにでもなります。

保健所で預かってもらう際には以下のようにして下さい。
相双保健所
南相馬市原町区錦町1丁目30 電話番号 0244-26-1351
             FAX 番号 0244-26-1332
(現在相双保健所は施設がありませんが、
 それは行政間で行うことです。)
保健所に渡す際に「狂犬病予防法に基づいて保護して下さい。
遺失物扱いで所有権は放棄しません。」と必ず伝えて下さい。
殺処分されることはありません。
猫については、「迷子猫です。保護してください。
遺失物扱いで所有権は放棄しません。」と必ず伝えて下さい。
殺処分されることはありません。
その後については、相談にのります。
この件についてわからないこと、
  緊急連絡先 杉本 090-3908-8823

5)気がつきやすいところに水やフードを置いてきて下さい。
地域の方は2)~5)をお願いします。

--------------------------------------

マツケンさん作成 チラシ配布等の活動に
ご自由にお使いくださいとのことです。


☆計画避難予定区域ペット等動物の避難の準備を!!
計画避難区域bira02.pdf
http://inunekokyusainowa.la.coocan.jp/bira02.pdf

---------------------------------------

拡散★(転載)南相馬市長に愛護団体立入許可の嘆願を!!

http://ameblo.jp/yukei12/day-20110423.html

------------転載ここまで-------------------

役場の職員、避難されている人の中には、

動物愛護団体に保護してもらうと、移送費、預かり代がかかると

誤解している人も多いそうです。

先行き不安の中、払いたくても払えないと・・・。

その辺りも説明が必要ではないかと思います。


可能な限り、多くの動物が救出されますように。


東北地震犬猫レスキュー.com 東北関東大震災 緊急支援クリック募金 JWordクリック募金 sharewith.jpgunilever_click1.jpg

ブログ村2  br_decobanner_20110402151941.gif ハナサケニッポン ニッポン応援
にほんブログ村   ブログランキング

いつもご訪問、コメントありがとうございます。
コメント欄をいつも閉じていて、本当にすみません。

↓ブログ村に参加してます!
よろしければ、ポチッと押していただけると
とってもうれしいです(^^♪

ブログ村2
にほんブログ村 猫ブログ

norumaenibanban_2018010221194141b.pngnorumaenibanban2.png

迷子さん ←サイドバーの迷子の子もぜひ見てください。

1日1回クリックしてね。 
震災復興/豪雨災害クリック募金

PSC.png PSC.png 西日本豪雨 北海道胆振頭部地震 

THEME | GENRE ペット |
被災ペット | トラックバック: 0 | コメント : 4 - | コメントを書く | Top▲

COMMENT LIST

【】 by Puriko


するるさん

「一時帰宅で救出を」を拙記事で転載して紹介しても構わないでしょうか?
差し支えあったら遠慮無く言って下さいね。

【管理人のみ閲覧できます】 by -



【管理人のみ閲覧できます】 by -



【】 by あかちん


こんばんは。
救出活動も許されないのですから
悲しいことですよね。
海外の人々が逃げ出している状況を考えると
人の命も守れないかもしれない状況なのではと
心配です。
訴える活動もしなければこのまま放置されてしまうでしょうから活動を続けるしかありません。だれが動いてくれたかを情報共有したいですね。