FC2ブログ



TOP > ARCHIVE - 2012/10




福島女性だけのレスキュー隊(4) 
日経ウーマンオンライン(2012.10.2)からの転載です。

-------------転載ここから------------

終わりのない警戒区域
ペットレスキュー(4)


終わりのない警戒区域ペットレスキュー (1)

終わりのない警戒区域ペットレスキュー (2)

終わりのない警戒区域ペットレスキュー (3)


原発20キロ圏内で活動する
女だけのペットレスキュー隊


「“たかがペット”を救えない社会にしたくない」

中山さんにも、Kさんと同じような思いをした記憶がある。
小さな頃、大切に飼っていた猫が家から逃げ出して
しまったことがあった。「見つかるまでとにかく
生き延びていてほしい」、そう思いながらあらゆる
場所にエサを置いて探し歩いた。ご飯を食べていない
だろう猫のことを考えると、「自分だけご飯を食べる
なんて考えられなかった」。1カ月近く探し歩いて
ようやく見つけた猫は、自宅から25キロも離れた山に
捨てられていた。「自分が世話している最中に猫が
逃げたのであれば、それは自分の責任。でも、福島は違う。
あまりに理不尽な理由で大切なペットを手放すことを
強いられている」。

ph9.jpg

9月から、中山さんは福島に数カ月間住むことを決めた。
「にゃんこはうす」で世話をしてくれていた女性が
家庭の事情で地元に帰らなくてはいけなくなったためだ。
姉妹で手伝ってくれていた2人がいなくなり、4人いた
にゃんこはうすのお世話係が一気に半分に減る。
やむなく当面福島で暮らすことを決断した。

「この活動には終わりがない。終わりが見えないのって
辛いですよ。時々『私は何をやっているんだろう』と
思うこともあります」。

 震災後1年半経った今も何かが変わったという実感を
持てないまま、活動を続けている。「もっと多くの人に
この現実を見てほしい。見ないと忘れてしまうから」。

 中山さんは言う。

「たかがペットというけど、“たかがペット”の命さえ
救えないような社会なんて寂しすぎる」。

人間だって、ペットだって、同じように飢えて死ぬ
なんてない方がいいに決まっている――。その一心で、
今日も中山さんは20キロ圏内に入っていく。

-------------転載ここまで------------

にゃんこはうすさんへのご支援よろしくお願いします。
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
ねこさま王国にゃんこはうす


迷子探しています!
←サイドバーの迷子たちを見てください!
↓click New click↓
GbuBpfjeEdOG8w9.png821We38gGAporIG_20120822033712.pngiQ_A8wOCEndcvkb_20120822033712.pngCZeDaVfCYwlooUS_20120822033712.pngXU3lXcwJ1rQhH6Y_20120822033712.png

↓震災迷子ペット ↓震災復興支援クリック募金(スポンサー負担)
東北地震犬猫レスキュー.com 東北関東大震災 緊急支援クリック募金 share_bnr.jpg 花王クリック募金

↓ブログ村、ブログランキングに参加してます!
ブログ村2  br_decobanner_20110402151941.gif 
にほんブログ村   ブログランキングへ

いつもご訪問、コメントありがとうございます。
コメント欄をいつも閉じていて、本当にすみません。

↓ブログ村に参加してます!
よろしければ、ポチッと押していただけると
とってもうれしいです(^^♪

ブログ村2
にほんブログ村 猫ブログ

norumaenibanban_2018010221194141b.pngnorumaenibanban2.png

迷子さん ←サイドバーの迷子の子もぜひ見てください。

1日1回クリックしてね。 
震災復興/豪雨災害クリック募金

PSC.png PSC.png 西日本豪雨 北海道胆振頭部地震 

THEME | GENRE ペット |
被災ペット | トラックバック: 0 | コメント : 1 - | コメントを書く | Top▲

COMMENT LIST

【】 by grazie


ほんとに「たかがペットの命さえ、救えない社会」、
寂しいですね。