FC2ブログ



TOP > 被災ペット > Title - 警戒区域ペットの生息状況調査
2020 051234567891011121314151617181920212223242526272829302020 07




警戒区域ペットの生息状況調査 
毎日新聞(2011.12.27)からの転載です。

-------------転載ここから------------

発信箱:災害と動物=永山悦子(科学環境部)

ようやく、だ。原発事故から約10カ月、環境省は来月、
事故の警戒区域に残されたペットの初の生息状況調査に
乗り出す。

4月下旬の警戒区域設定後、区域内は立ち入り禁止となり、
動物たちは置き去りにされた。直後の5月初め、
東京都内で日米の獣医師が専門家会議を開いた。
米国はハリケーン・カトリーナ(05年)の経験から、
災害時の動物対策のノウハウを持ち、
それをもとに保護や輸送など区域内のペット、家畜、
野生動物に必要な対応を提言にまとめた。会議は環境省、
農林水産省の職員も傍聴し、提言は官邸に届けられた。

だが、その後も行政の動きは鈍く、本格的な保護活動は
実施されなかった。区域内の動物はペットだけで
数百匹と推計され、有志の獣医師らが7月、
行政と掛け合って数日だけ区域内に入った。
彼らは一部のペットを保護するとともに、
家畜などの生息状況を調べた。環境省などが正式に
民間団体の保護活動を認めたのは、今月になってから。
その対応は、迅速とは言い難い。

専門家会議メンバーで、7月の保護活動にも参加した
夏堀雅宏・日本動物高度医療センター院長は
「動物愛護の問題に加え、動物は人と接しない時間が
長くなるほど警戒心が強まる。ワクチンを打たない
動物の増加は感染症の温床となる恐れもあり、
住民の帰宅にも影響する」と心配する。

 原発事故における動物対策の遅れは、ペットに限らない。
家畜の肉牛対策も後手に回り、セシウム汚染が拡大した。
場当たり的な行政は、動物を無為に被ばくさせ、
人々の安全・安心も脅かしたといえる。
「長期にわたり福島をモニターするためにも、
別の災害が発生する可能性やその対応の準備のためにも、
対策の充実が必要だ」という専門家会議の提言を
実行するのは、今からでも遅くない。

-------------転載ここまで------------

12月27日で団体さんによる警戒区域での
公の活動は終了しました。
28日以降も継続的に活動ができるといいのですが、
議員のブログを呼んでいると、福島のペット救出の
ことはどこかにいってしまった感じです。
人間も大切ですが、ペットだって同じぐらい大切です。
私たちが望んでいることは、そんなに難しいことではありません。
正月返上で真剣に取り組んでほしいです。


いつもコメントをありがとうございます。
大変ありがたく読ませていただいております。
しらすの捜索と震災迷子達の情報収集のため
コメントのお返事はしばらくお休みさせていただいております。
申し訳ありません。

↓作成中 順次アップしていきます。
探しています!ピンクは保護/飼主さんを探しています)
 震災迷子
楢葉町南相馬南相馬南相馬楢葉町楢葉町浪江町
楢葉町ハルちゃんfukushima1.jpg迷子5fukushima3.jpgfukushima4.jpg楢葉町いちごちゃん楢葉町ランディ君

ぺこちゃんバナー 犬白ママさん2ミイキャメルちゃん 南相馬迷子たち
 
その他
迷子ちゃびーちゃん迷子トラ君迷子くるみちゃん
千葉市荒川区台東区練馬区町田市
2737_1.jpg迷子ももちゃん3tokyo3.jpg
迷子東京1迷子町田市
茅ケ崎伊豆市福井県
迷子神奈川1迷子伊豆福井1

東北地震犬猫レスキュー.com 東北関東大震災 緊急支援クリック募金 JWordクリック募金 クリックで救える命がある。

ブログ村2  br_decobanner_20110402151941.gif  ニッポン応援
にほんブログ村   ブログランキング

いつもご訪問ありがとうございます。
コメント欄をいつも閉じていて、本当にすみません。

↓ブログ村に参加してます!
よろしければ、ポチッと押していただけると
とってもうれしいです(^^♪

ブログ村2
にほんブログ村 猫ブログ

norumaenibanban_2018010221194141b.pngnorumaenibanban2.png

迷子さん ←サイドバーの迷子の子もぜひ見てください。

1日1回クリックしてね。 
震災復興/豪雨災害クリック募金/台風復興

PSC.png PSC.png 西日本豪雨 令和元年台風第19号 

THEME | GENRE ペット |
被災ペット | トラックバック: 0 | コメント : 0 -

COMMENT LIST



<<カニの殻を福島へ | HOME | コンソメちゃんの旅立ち>>




SECRET
 




TRACKBACK URL to this Entry