FC2ブログ



TOP > 被災ペット > Title - 浪江町仮設住宅での犬猫アンケートについて
2020 051234567891011121314151617181920212223242526272829302020 07




浪江町仮設住宅での犬猫アンケートについて 
「被災どうぶつフォスターハウス」サロンのブログさん
からの転載です。

こちらの記事の転載につきましては、
転載元の「被災どうぶつフォスターハウス」サロンさん
にご一報ください。

-------------転載ここから------------

浪江町の仮設住宅での
犬猫アンケート調査について



私は被災どうぶつフォスターハウスの活動の他に、
個人で様々なプロジェクトにも参加しております。
今回は、その中でもこれから始動するプロジェクトについて
大切なお知らせをさせていただきます。

というのも、一部のブロガーさんたちの間で
「浪江町の仮設で県が犬猫に関するアンケート調査をする」という記事が
転載され続けており、その情報は転載されるたびに伝言ゲームのように
内容が変化し、正しくない情報に尾ひれがついてしまっているためです。

転載記事の発信元は『犬猫救済の輪』様のブログです。
以下、記事の該当部分を転記いたします。
http://banbihouse.blog69.fc2.com/

* * * * * * * * * * * 

浪江町の住人の方から、先ほど電話を頂きました。
住民の方がおっしゃるには、5日ほど前に、
仮設住宅に県からの回覧が回ったそうです。
犬猫についての意見を近々聞きたい、アンケートを
取りたいというような内容だったそうです。

その住人の方は、集会場に聞きに来るのではないかと思う。
「自分の猫でもないのに遠くからエサをあげに来てくれて
いるボランティアさんにどうしてひどい扱いをするんだと
言おうと思ってるんです。」と、おっしゃって下さいました。

住民の声が欲しい。残された犬猫を救うには
それしかないと思えます。そうして下さいと、
住民の沢山の声をあげてほしいと申し上げました。

その回覧板の内容を正確に知りたかったのですが
回してしまってもう手元にないそうです。

どなたか、この回覧をご存じないでしょうか。
住民の方に声をあげて頂くチャンスなのですが。

回覧の内容情報がございましたらお知らせ
くださいませんか。 メールフォーム にて


* * * * * * * * * 


まず、「浪江町の仮設での犬猫アンケート調査」は
福島県が行っているものではありません。
民間の団体が行っています。私はそのプロジェクトメンバーです。

そしてそのアンケート調査の内容は
「震災当時、福島県内で犬・猫を飼育していた方が、
発生時から現在までどのような状況に置かれていたかを調査し、
それぞれのケースでの問題や支援のあり方を把握する」
ためのものです。

そして、我々のプロジェクトとは別に、
県がそのようなアンケート調査を行っている可能性も
あるため県のほうに確認もしましたが、そのような調査は
行っていないそうです。

転載されていくうちに、『犬猫救済の輪』様が書かれた
仮設住宅に県からの回覧が回ったそうです。
犬猫についての意見を近々聞きたい、アンケートを取りたい
というような内容だったそうです。」から、いつのまにか
福島県から浪江町住民の方がいらっしゃる仮設住宅に、
「圏内の犬猫捕獲活動に関するアンケート」が回ってきた
そうです。
福島県も、動き始めています。』に変わっていいるブログもありました。

ネット上の情報はあっという間に拡散されてしまいます。
関係各位にご迷惑がかからないように、
正しい情報を公開させていただきます。

正式なプロジェクトの内容は下記のとおりです。

=================================

【東日本大震災および福島第一原子力発電所事故による
福島県内の被災飼い主(犬・猫)実態調査プロジェクト】


概要
1.主旨
多くの人々に甚大な被害をもたらした東日本大震災から
1年8ヶ月が過ぎました。被災4県の中でも福島では
「地震・津波」に「原発事故」が加わったことで、
今もなお先の見えない厳しい状況におかれています。
それは被災家庭動物についても同様で、飯野、三春の
ふたつの公営シェルターや多くの民間愛護団体の
シェルターに、現在も多くのペットが保護されたまま
であること、またここにきてペットを手放す飼い主が
増えている一方、ペット飼育禁止の仮設住宅で
新たにペットを飼う事例が増え近隣住民との
トラブルも生まれるなど、避難の長期化に伴う問題も
顕在化しています。

本調査では福島県内でペット(犬・猫)を飼育していた
方々へアンケート、あるいは対面での聞き取りを行い、
①飼育状況、②震災および原発事故発生時、避難と
それに続く経過の中で飼育者であるがゆえに直面した・
している問題、③望まれている支援を飼育者の声を通して
把握しようとするものです。

調査結果は、今後の災害発生時のペット飼育家庭の避難や
生活再建を考える上での参考とするだけでなく、
福島県の有志の獣医師の協力を得て行うペットの健康相談、
避妊去勢およびマイクロチップ装着の推進や助成活動、
さらには仮設住宅での共用飼育施設案の検討の
基礎データとして使われます。

2.実施期間
(予定)
2012年11月~2013年5月

3.実施主体
 
株式会社チアーズ内
「福島県被災飼い主調査プロジェクトチーム」
 ※アメリカの愛護団体「Humane Society International(HSI)」
http://www.hsi.org/ からの事業委託として実施します。
(調査協力:福島県獣医師会)

4.調査のあらまし

(1)調査内容
「調査票A」「調査票B」
「ペット情報記録シート」の3種類の調査票を使用して、
対面聞き取り調査を行います。
「調査票B」は、B-1「同居している動物用」、
B-2「一時預かり動物用」、B-3「行方不明動物用」、
B-4「同居/一時預かり動物で行方不明期間があった
動物用」」、B-5「死亡した動物用」の5種類があります。

また、動物を飼っていない被災者対象の調査も
予定しています。

(2)調査員について
調査員は20歳以上で
福島や被災地における動物救護活動(レスキュー、
シェルターワーク、給餌など)の経験がある方に
限定して行います。


======================


このプロジェクトは浪江町だけでなく、他の地域の
仮設住宅や借り上げ住宅でも行う予定です

まずは被災された飼い主さんたちの現状を知る調査を行い
そのアンケート調査から導き出される結果が、
飼い主さんの望んでいる支援活動をする一助になれば
と個人的には思っております。

福島県内での動物レスキューや給餌活動をされている皆様、
後方支援されている皆様のご心配は、もちろんよくわかります。
被災動物と飼い主を救ってほしい、これにはまったく同感です。
ただ、誤った情報の拡散が、時として救いたい気持ちと逆の方向へ
事態を悪化させてしまう場合もあります。
情報の拡散にはソースの確認と、発信元の発言を変更せず
必ずリンクを明示する等、ご配慮をお願い申し上げます。

なお、この件は発信元の『犬猫救済の輪』様の結代表には
詳細をメールフォームより11/10に送信済みです。
11/11には電話にてお話しましたが福島県内で活動中とのことで
後日ご確認いただけるということでした。


-------------転載ここまで------------

現在、浪江町での給餌活動が大変厳しい状況です。

この状況を解決するためにこうして動いて

くださり本当に感謝です。


私事ですが、帰宅途中、何かにつまずき
転んで腕をケガしてしまいました。

しばらく記事の更新も簡単なものになるかもしれませんが、
頑張りますね。


迷子探しています!
←サイドバーの迷子たちを見てください!
↓click New click↓
岐阜ミィちゃんGbuBpfjeEdOG8w9.png821We38gGAporIG_20120822033712.pngiQ_A8wOCEndcvkb_20120822033712.png

↓震災迷子ペット ↓震災復興支援クリック募金(スポンサー負担)
東北地震犬猫レスキュー.com 東北関東大震災 緊急支援クリック募金 share_bnr.jpg 花王クリック募金

↓ブログ村、ブログランキングに参加してます!
ブログ村2  br_decobanner_20110402151941.gif 
にほんブログ村   ブログランキングへ

会社の敷地内はとても広いのですが、省エネのため
街灯が消されている所がいくつもあります。

5時を過ぎると真っ暗で、足元が見えず、
何かにつまずいて、すっ転んでしまいました。
というか飛ばされた感じ・・・。

倒れたところがたまたま芝生だったので、
大事には至りませんでしたが、涙目・・・。

昨日は腕を動かすこともできなかったのですが、
今日はだいぶいいです。

ニャンはトイレハイがすごいので、
トイレからダッシュで戻ってきて、
ジャンプします。
腕を踏まれないように・・・ハハハ。

いつもご訪問ありがとうございます。
コメント欄をいつも閉じていて、本当にすみません。

↓ブログ村に参加してます!
よろしければ、ポチッと押していただけると
とってもうれしいです(^^♪

ブログ村2
にほんブログ村 猫ブログ

norumaenibanban_2018010221194141b.pngnorumaenibanban2.png

迷子さん ←サイドバーの迷子の子もぜひ見てください。

1日1回クリックしてね。 
震災復興/豪雨災害クリック募金/台風復興

PSC.png PSC.png 西日本豪雨 令和元年台風第19号 

THEME | GENRE ペット |
被災ペット | トラックバック: 0 | コメント : 7 -

COMMENT LIST

【お大事に】 by 諸パン


「トイレハイ」というんですか。うちの猫にもあります。
腕のケガ、お大事に。

【】 by 太巻きおばば


するるさん、大変でしたね。
くれぐれもお大事になさって下さい。

【管理人のみ閲覧できます】 by -



【】 by grazie


お怪我の具合はいかがですか?
トイレ後のニャンズに注意して・・・
お大事にお過ごしください。

【】 by yuki


ネットはデマが広がりやすい場所でもありますね。
情報を丸呑みしてしまう、流す前に調べない、後からも確認しない、
デマを流しても何も責任持たないし、
それでいて大声で叫ぶようなカタルシスがあるし。
でも、逆に、わたしは、デマに加担してしまったこと、
スレスレセーフだったことなどあるので、慎重なのですが、
デマを流すまいと強く思うと、
転載や拡散が中々出来ないということもあります。
ネットとのお付き合いって難しいですね。

腕、お大事にしてください。
左手の小指と薬指痺れただけですごく不便でした。
腕が痛いのでは大変でしょう><早くよくなりますように。

トイレハイ、元気な証拠ですね~^^

【】 by 未来ママ


するるさん、こんばんは。
お怪我大丈夫ですか?
暗闇で不意の転倒はホント一瞬飛んだような気がしますね><
骨折ではないようですが?・・・無理せずお大事になさってね。

【】 by Quへび


被災地の現場は「何とかしてほしい」、「助けてほしい」という希望が強い中で、混乱や情報の錯誤も起こりやすくなっていますね。正確な情報を見つけて、ペットや飼い主の問題解決を願いたいと考えます。
お怪我の方、早く良くなりますように。



<<豪州森林火災でコアラ救出 | HOME | ほかほかの布団>>

【お大事に】
「トイレハイ」というんですか。うちの猫にもあります。
腕のケガ、お大事に。
2012/11/17(土) 01:08:14 | | 諸パン #kw6XG3aw [ Edit ]
【】
するるさん、大変でしたね。
くれぐれもお大事になさって下さい。
2012/11/17(土) 05:44:42 | | 太巻きおばば #- [ Edit ]
【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/11/17(土) 09:29:44 | | # [ Edit ]
【】
お怪我の具合はいかがですか?
トイレ後のニャンズに注意して・・・
お大事にお過ごしください。
2012/11/17(土) 11:35:16 | | grazie #- [ Edit ]
【】
ネットはデマが広がりやすい場所でもありますね。
情報を丸呑みしてしまう、流す前に調べない、後からも確認しない、
デマを流しても何も責任持たないし、
それでいて大声で叫ぶようなカタルシスがあるし。
でも、逆に、わたしは、デマに加担してしまったこと、
スレスレセーフだったことなどあるので、慎重なのですが、
デマを流すまいと強く思うと、
転載や拡散が中々出来ないということもあります。
ネットとのお付き合いって難しいですね。

腕、お大事にしてください。
左手の小指と薬指痺れただけですごく不便でした。
腕が痛いのでは大変でしょう><早くよくなりますように。

トイレハイ、元気な証拠ですね~^^
2012/11/17(土) 18:34:59 | | yuki #vh/yKwqE [ Edit ]
【】
するるさん、こんばんは。
お怪我大丈夫ですか?
暗闇で不意の転倒はホント一瞬飛んだような気がしますね><
骨折ではないようですが?・・・無理せずお大事になさってね。
2012/11/17(土) 21:09:50 | | 未来ママ #ZBGCfeOs [ Edit ]
【】
被災地の現場は「何とかしてほしい」、「助けてほしい」という希望が強い中で、混乱や情報の錯誤も起こりやすくなっていますね。正確な情報を見つけて、ペットや飼い主の問題解決を願いたいと考えます。
お怪我の方、早く良くなりますように。
2012/11/18(日) 21:45:46 | | Quへび #- [ Edit ]



SECRET
 




TRACKBACK URL to this Entry